読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたごさんは熱くない!

ガジェット系・メンタル薬系等々

大腸カメラ体験記その2 検査当日編。ニフレックとの死闘

無事に大腸カメラが終了したので記憶が鮮明なうちにまとめときます。

という訳で大腸カメラ体験記その2です。

 検査の流れは下記の様な流れでした。

1.前日は事前に貰った「食べて良い物リスト」にある食材だけを夜9時までに食べ下剤を服用して就寝。

ちなみに食べて良いものリストは(ごはん・麺類・パン・肉・魚介類)と意外に制限ゆるい感じで、意識して野菜とかを避ければ、結構普通の食事でも大丈夫ですね。

下剤はラキソベロン内用液を1瓶(10ml)服用しました。通常は数滴単位で調整するクスリなのですが目的が目的だけに大量に飲みます。

2.検査当日は朝起きてからは食べ物を口にせず腸洗浄剤を大量に飲む。

正直ココが一番つらいミッションでした。
私はニフレックという腸洗浄剤を使用しました。味はちょっと濃いめなレモン風味のスポーツドリンクみたいな感じで飲めない味ではありません。

これを2時間で2Lの指定なので12分で200mlペースで飲もうと計画しました。
最初は↓の通り楽勝ムードでした。

 4杯目位から辛くなってきました。

 もはや自分が何飲んでるのか見失いかけてます。

 その後も腹痛やら吐き気やらで計画通りに飲めずに

 全部飲み切るまで2時間10分掛かりました。2Lの液体(飲むとお腹が痛くなる)を一定ペースで2時間飲むのは想像以上にシンドかった。ましてお酒みたいに飲んでも良い気分にはならずに寒気やら腹痛やら吐き気やらで飲む程に辛くなってきますからね。

 飲み終わった後30分位辛くて寝込んでしまいましたが本当は飲んだ後は少し体を動かしたほうが良かったようです。(腸を動かしてクスリを行き渡らせるため)

そしていよいよ検査

3.実際に大腸にカメラを入れて検査される

クルマや自転車で来院するなと注意書きがあったので30分掛けて歩いて病院へ。
昨日も書いてますが、検査当日に検査予約入っているのは自分だけ。
病院行ったら熱烈に歓迎されました。

ちなみに徒歩で大腸カメラ受けに来た人は私が今年始めてだったらしいです。

病院についたら血圧や脈拍等簡単にバイタル測定。

特に問題なかったので検査着に着替えるように指示がありました。
薄手のエコバックみたいな素材の作務衣みたいな上着と、同じ素材で後ろにスリットの入ったパンツを履きます。紙パンツとかでなくて以外に普通で恥ずかしい感じしないし、ファブリック素材っぽいので簡単には破けなさそうでした。当然これらは使い捨てです。

着替えが終わったら「腸の動きを止めるクスリ」を注射します。ブスコパン辺りでしょうかね。筋肉注射なのでちょっと痛いです。

そして「筋肉注射なので少しの間揉んでてくださいね」という看護師さんの指示にかぶせ気味に「○○さんお入りください」って先生の声が。

「あの・・・。まだ揉んでないんですけど。まだ腸止まってないのでは・・・。」

なんて思う間もなく台に載せられあっという間にカメラ挿入されました。
胃カメラと違うのは痛かったら「痛いです」って声出せるところですね。
私の大腸はちょっと普通の方より複雑でカメラ操作しにくいとの事でしたが、ほぼ痛みもなくモニターをまじまじと眺めながら談笑する余裕もありました。
緊張しない様にとのスタッフ一同さんの心遣いという側面も有ったのでしょう。

そんなこんなで40分位で検査は終了。先生曰く簡単な人だと15分位で終わるらしいです。
しかしニフレック飲む時間の方が量的にも質的にも辛かったですね。

結果は「切れ痔の治った後がありますね。それで潜血陽性になったんでしょう」との事。

カルテに確か「anal polyp 治癒後」的な事を書かれたんですが、老齢の先生で「anal」って入力に苦戦してしまい、ひらがなで入力してみたり漢字でキラキラネーム的に変換されてみたりして看護師さんと数分それを眺めるという羞恥プレイが最後にありました。

検査終了後にお腹に沢山空気が入っているのと注射が効いてて腸が動かずお腹が張った感じが1時間位続いてちょっと辛かったですね。

検査以後は食事制限とかはありません。脱水気味になってると思われるので「水分摂取は意識して行ってくださいね」とだけ注意喚起されて検査は終了。

会計終わった時点で夕方4時位でした。ほぼ1日仕事でしたね。

総じて辛かったけど悪いモノは無くて良かったです。
これを気に明日から健康に気を使いつつ頑張っていこうと思います。

最後に

ちょっと長い記事になってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

実施する医療機関によって細かな差異はあると思われますが、これから大腸カメラを受ける人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク