読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたごさんは熱くない!

ガジェット系・メンタル薬系等々

Win10のCreators Updateが4月11日にやってくるけど準備は大丈夫?

Windows10をお使いの方は昨年の8月頃、こんな画面が出て1時間以上パソコンが使えなくなったり各種設定がリセットされた事を覚えていますでしょうか?

f:id:andshesaid:20170406000703p:plain

原因は2016年8月にやって来た大型アップデートであるAnniversary Update(Redstone1)ですが、あれに匹敵すると思われる大きなアップデートが来週(米国時間2017年4月11日)やって来ます。近いよ、怖いよ・・・。

 

Creators Updateとはなんぞや

今回配信されるCreators UpdateはAnniversary Update(開発コード:Redstone1)に対し開発コード:Redstone2と呼ばれてきたものです。

 どんな機能が追加されるかという点についてMicrosoftは以下の様に応えています。

3D でアイデアを膨らませる
Windows 10 の 3D 機能を使うことで、3D 情報のキャプチャ、3D オブジェクトの生成、表示と共有が誰でもできるようになります。

 

クリエイティビティを発揮
Paint 3D Preview なら 3D オブジェクトの作成がすぐに、簡単にできます。一から作るか、別のユーザーの作品を編集して、自分の 3D 作品を作り上げます。

 

3D の世界へ飛び出そう
Paint 3D Preview では、1クリックで、2D イメージを 3D オブジェクトに変換できます。Remix 3D Preview コミュニティでお気に入りの作品を共有しましょう。  

 

だれもが楽しめる 3D
Remix 3D は、3D コンテンツとコミュニティのためのオンライン上のホームです。他のクリエーターとつながり、インスピレーションを得ることができます。

 

MR (Mixed Reality) を体験しよう
MR (Mixed Reality) という見たこともない新しい体験をしよう。Windows 10 PC とヘッドセットで、おなじみの Windows アプリ、機能、操作を使いながら、アプリ、ゲーム、メディアをAR や VR で楽しめます。 

 

新しい現実への入り口
MR (Mixed Reality) を実現するテクノロジは手の届くところにあります。HP、Lenovo、Dell、Acer、ASUS などのパートナー企業から、さまざまな VR ヘッドセットの発売が予定されています。価格は $299 から。革新的な内蔵センサー技術により、メーカーを問わず、柔軟かつ簡単に環境を設定することができます。2017 年にリリース予定です。

 

ゲームの配信と 4K ゲームに最適のプラットフォーム
Xbox Live と Windows 10 が4K ゲーム、Beam によるライブのゲーム中継、トーナメントやチャレンジにユーザが参加できる Arena などを利用して、ゲームをさらに楽しくします。

 

The Creators Update | 2017 年に追加される新しい Windows 機能

Microsoft公式ページより

スポンサーリンク

 

Creators Updateを適用すると何か良い事あるの?

これはPCを使用する用途及び使用しているPCのスペックによると思われます。
仕事で主に電子メールやWord・Excel・PowerPoint等のMS Office中心に使用しているとか、家で専らChromeでネットサーフィンばかりしている人とか(私もです)には上で挙げた新機能はあまり関係がない気がします。

ペイントが3D対応するという事でWindowsの機能だけでオリジナルスマホケース作れたりとか有るのでしょうか?

しかし新機能とか名前って客寄せパンダ的な部分もあり、コントロールパネルにアクセスしにくくなったりする等、OS本体にも相当手が入ってる感じです。 

下記の様にアップデート後に動かなくなるソフトも報告されていますしね。

「スーパーセキュリティ」が「Windows 10 Creators Update」適用後、ご利用できなくなる現象についてHTMLタイトル|ソースネクスト総合サポート

あんまり関係なさそうだからスルーします→MS「許さぬ!」

だからと言って「事務作業しかしないから更新を適用しない」という方針は非現実的です。というよりWindows10がインストールされたパソコンがインターネットに繋がっていれば基本的に「いつか」は勝手にアップデートされます。

 セキュリティー関係の更新も含まれるので絶対にネットに繋がないし人とファイルをやり取りしない使い方をするという人以外は更新しないという選択肢は無いと思ったほうが良いと思います。

それでも得体の知れない物は少しでも先延ばししたいという貴方に

一応お約束の口上だけど、下記に示す手順を行う場合は当方では責任は負いかねますのであくまで「自己責任」で行って下さい。
企業等で情報システム関連の部署がある場合はちゃんとそこの指示を仰いで下さいね。

Windows10 Professional Editionをお使いの方は

個人でWindows10 Professionalを使用しているなら以下の手順で適用を最大4ヶ月程は先延ばし出来ます。これ書いてるPCがHome EditionにてSSなしの箇条書きで失礼します。

  1. キーボード上でWindowsキー「I(に)」キーを同時に押して「Windowsの設定」画面を起動します。
  2. 右下ら辺に出てくる「更新とセキュリティ」というアイコンをクリックします。
  3. 更新プログラムの設定の下にある「詳細設定」というテキストをクリックします。
  4. 「機能の更新を延期する」にチェックを入れます。

WIndows 10 Home Editionをお使いの方はこちら

この手順が使えるのはProfessional版だけです。手元のHome EditionなPCでやってみましたが4番の「機能の更新を延期する」っていう選択肢がありません

「Home Editionを買い求めしユーザーにはありがたいアップデートの延期は許さぬ」という事なのでしょう。

だからといって仕事中とかいきなりアップデートが始まってしまったら困ると思いますが一応少しは抵抗できます。こっちはスクショ付けられます。

 1.キーボード上でWindowsキーと「I(に)」キーを同時に押して「Windowsの設定」画面を起動します。 

f:id:andshesaid:20170406012042p:plain

2.「アクティブ時間」という項目が設定できるので「絶対に勝手に再起動されたくない10時間(仕事している時間)」を開始時刻と終了時刻で指定します。10時間以上には設定できません、仕様です。  f:id:andshesaid:20170406012536p:plain

上記手順でとりあえず仕事中にいきなり再起動される事態は避けられると思います。

Creators Updateの必要スペック等について

この辺は調べたけれど良く判りません。

ただVRとか3Dとか4Kとか内容が重そうなので、そういった機能は使わないとしてもアップデートに際しストレージの空き容量はそこそこ必要になってくると思います。

eMMC 32GBとかしかないタブレットやノートPCでは、ちょいと特殊な方法を使わないと更新もままならない気がしています。

Anniversary Updateでは上手く行きましたが、今回もその手が使えるかは未知数です。

何れにしても大きな更新が来るので色々準備とか覚悟をしておいた方が良いと思います。

WindowsなみなさんのPC生活に幸あれ。

 

スポンサーリンク