読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふたごさんは熱くない!

ガジェット系・メンタル薬系等々

Kindle2016・Kindle Unlimitedインプレ

PC系

秋の夜長にという事でKindle Unlimited用にKindle(無印)を投入。
プライムクーポンコードとタイムセール的な値引きで3,980円でした。

 Paper Whiteと少し迷いましたが5000円分のAmazonギフトが手元にあったので全く懐が痛まない(むしろ余った)こちらを選択し数日使用。

f:id:andshesaid:20161003231649j:plain

 

Kindle Unlimited試用中に土日で1500円位の本3冊ずつ、平日に1冊ペースで読んでるので元を取るのは楽勝でした。

上位版より解像度低いのは活字読む分には気にならならず結構くっきり感が出ています(画面光らないのも却って奏功してる印象)
レスポンスも一昔前の電子ペーパーでは考えられない位に良好で、これも低スペ(低解像度)なのが良い結果を産んでる感じです。

電子ペーパー端末のレスポンスの悪さはE Inkという素材故の問題なのかなと思ったのですが、2016年版の無印KindleはRAMを256MBから512MBへ増量しているとの事。

E Ink自体も改良されてるのかもしれませんが、無印Kindleは2016年版ではっきり解るくらい確実にレスポンスアップしています。

リアルに文庫本を人間がめくる位のスピードではページが切り替わりますね。
階調反転とかも活字読んでる分には気になりません。

japanese.engadget.com

 

そして液晶眺めるより圧倒的に眼への負担が少ないです。

これが購入の決め手でもありました。

Kindle Unlimitedのラインナップ自体はマーケティング的に計算されてる印象で、これで電子書籍に引き込んだ人達にきっちり電子書籍を購入させる感じです。
痒い所にギリギリ手が届かない感じですが読書好きなら月額980円出しても損はしない内容です。

他にタブレットとかあれば雑誌等も購読出来て捗りますし、古本屋を初めとした書店を殺す気満々なサービスです。

ただ、まぁ欠点というか紙の本と異質な点は存在するのは確かです。装丁にワクワクしたり、本の重さ・匂いを感じたりと電子書籍の性質上切り捨てられる情報もあるので、紙の本で読むより記憶に残る度合いは減弱する気はするんですよね。

リアルでは入手困難な本でもしばしばワンクリックで一瞬で手に入る事と、Kindle Unlimitedにて月額定額でそこそこの量が読めるので読書量自体を相当底上げできるので相殺出来る範囲のデメリットだとは感じています。

また、私なんかは部屋が狭いのでモノ増えないのはありがたい事なんですが、書斎とか持っていて本を購入する事でコレクター的な所有欲を満たしたい向きにもKindleは向いてないかもしれません。

まぁでも総じて普通に買いですね。

 とりあえずKindle Unlimitedの1ヶ月無料期間をどっぷり使って評価しようと思います。 

スポンサーリンク